社名の由来


cod
omo [コドモ] + munus [才能]
= Codnus [コドナス]

「Co」には共同・対等といった意味もあります。
子どもたちと同じ目線で、子供たちの才能の芽を育み開花させる企業となっていく
そういった想いが社名に込められています。

VISION

子どもたちのNo.1フォロワーシップカンパニーとなる

MISSION

ワクワクする未来を 自ら描き実現する子どもの育成のための
革新的な教育プラットフォームをデザインする

ただ未来を待つのではなく、まだ誰も見たことのない未来を自ら描ける子供たちを育成したい。
そのための新しい学び、体験の場を創り発信し続けよう。

VALUES

100人いれば100の個性がある

世界で一人のあなたのために、世界で一人の私が出来る事。
それが私たちの仕事。

常識にとらわれない

世界に当たり前は何一つない。
常識という言葉で思考を止めてはいけない。

行動は能力を超える

大切なのは100回考えるより1回やってみる事。
今できないことは明日できるようになればいい。

Codnus CEO 紹介

証券系システムエンジニアとしてキャリアスタート。
在職中に新人教育指導を担当。
教育の重要性を認識し、社内有志と共に教育用e-ラーニングを制作。5年の勤務後退職。
これからのワークスタイルは多動力が求められると考え、企業には属さずフリーランスとして証券・銀行などの金融系システムエンジニアとして活動。
その後、株式会社リクルートに勤務。
フロムエー、ゼクシィ、R25、HotpepperBeauty、Hotpepprなど10年に渡り数多くの企画・開発・運用に携わり、人と企業を結ぶサービスを生み出す素晴らしさを肌で感じる。
リクルート勤務中に株式会社設立。
仕事や趣味など何かを新しくスタートする初心者をメンターが支援するサービス「ALO(アロ)」を開発・運営。
並行して、より新しいサービス、最新の技術を体感するため株式会社ソニーネットワークコミュニケーションズに勤務しIoTサービスの開発・運用に携わる。
2020年に教育現場にプログラミング教育が導入されることを知り、休日を使ってプログラミング学習用ソフトScratch(スクラッチ)や世界最小プログラミング教育ロボットOzobot(オゾボット)を使用してプログラミング講習を開催。

2020年 サービス「GIANTSTAR.jp」スタート!

Codnus代表取締役社長 兼 CEO

Codnus 企業概要

社名Codnus, Inc. [株式会社コドナス]
所在地〒135-0053
東京都江東区辰巳1-6-10
代表者今吉 亮 [イマヨシ リョウ]
主要取引銀行三菱東京UFJ銀行
事業内容各種教育事業
・アドバイザリー 兼 コンサルティング
・Webコンテンツの企画、制作、運営
・学習塾事業